砂利敷き・芝生張り

砂利と芝生。どちらもそれぞれ違う役割があります。

砂利敷きの方は、庭で小さなお子様が遊んだりしない場合や、門まわりなどちょっとした隙間に砂利を敷くことがあります。
砂利は、防草の役割もあります。防草シートの上に敷くと、砂利の重さで雑草が発生しにくくなります。
そして、砂利は上から踏むだけでも音がするので、防犯対策にもなります。

砂利敷き
砂利敷き

芝生張りは、お庭でお子様が遊んだり、家族団らんにお庭を活用したい場合などにおすすめです。
芝の種類も豊富です。また防草シートの上から芝生を張ることで、雑草への対策にもなります。
まったく雑草が出ない訳ではありませんが、防草対策にはなります。

芝生の場合、こまめなお手入れが必要になります。
芝生にしたい時は、先々のお手入れのことも考えてからなさることをおすすめします。

芝生張り
芝生張り

大川興業の砂利敷き・
芝生張りのこだわり

砂利は様々な種類をご用意しています

様々な種類を
ご用意しています

最近は砂利も様々な種類があります。色とりどりのものから、質感が少し違うもの、また防犯対策の砂利などもあります。
用途に応じた砂利をご用意します。

お手入れのことまで考えたアドバイス

お手入れのことまで
考えたアドバイス

砂利や芝生、どちらでも先々お客様が管理しやすい様に、どう手入れをしていったらよいかを丁寧にご説明いたします。

芝生には各作業に適した時期があります

芝生には各作業に適した
時期があります

砂利は石なので、時期やお手入れで必要なことなどは少ないです。しかし、芝生はこまめなお手入れが必要です。芝生に必要なお手入れ、時期などは施工前にしっかりとご説明させていただきます。

完全非対面OK!
ご要望に応じて、お見積もり〜作業〜お支払いまで、一貫して非対面で対応させていただくことが可能です。
在宅や立ち会いは不要ですので、お仕事やお買い物など、お時間を有効にご活用ください。

芝のお手入れに最適な時期ってあるの?

芝のお手入れに最適な時期ってあるの?

芝の状態によってお手入れの時期は変わりますが、芝の育成期は4〜10月、芝の張り替えや補修に関しては、3〜5月、9〜10月、芝刈りには3〜10に対応することをお勧めします。

お庭の状況によって多少変わることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

料金表

作業内容(材料費込み)料金単価
芝張り(整地なし)¥2,000/㎡
芝張り(整地あり)¥3,500/㎡
既存の芝剥がし(別途処分費)¥1,500/㎡
砂利敷き(普通)¥2,000/㎡
砂利敷き(防犯)¥3,500/㎡